本日は2020年3月19日ですが、今最も世間を賑わせている話題と言えば新型コロナウイルスですね。

お客様からよく聞く話では、

  • 通っていたジムが閉鎖して運動する機会が減った。
  • 集団で利用する様なヨガ、エアロなども閉まって通えない。
  • 体育館などスポーツ施設の利用も出来なくなった。
  • 加えて、学生が学校に通えない状態なので昼間などの時間帯も、子供に縛られて自由行動が出来ない。
  • 在宅勤務になって、通勤でちょっと体を動かすことも減ってしまった。

こんなところでしょうか。

厳しいことを言えば、人間は何かにつけて理由を探し、サボろうとする、楽をしようとしてしまう生き物なので、どんな状況下でだって突き詰めれば運動できなくはないのですが、やはり健全に無理なくストレスない状態での運動は出来ない状態ですので、ある程度は仕方ないですね。

それで身体が凝ってしまった、疲労が抜けなくなってしまった。と言ってご来店されるお客様が非常に増えています。

そんなお客様から施術終わりに聞かれる質問としては「どうすればいいでしょうか?」と、現状を打開するためのアドバイスなどを求められることが多いです。

なので今回は、目的別に現状を打開するアドバイスをしていきます。

引きこもりがちで少しも身体を動かさないせいで凝った身体を自分で何とかしたい人

おススメは「ながら運動」です。
テレビを観ながらバランスボールに座る、うつ伏せに寝てスマホを弄りながら足で挟んだクッションなどを膝を曲げて持ち上げる、仰向けに寝ながらピンと伸ばした脚を天井に向けて腹筋運動をする、台所に立ちながらつま先立ちを繰り返してふくらはぎの運動をするなどなど・・・

出来る人は改めて時間を作り、集中的にストレッチや筋トレを行っても勿論構いません。
が、出来ない人は遊んでいる身体の部位を何でもいいので動かしてみましょう。

普段はしていた運動機会が取り上げられたような状態で、どうしていいか分からない人

ウェイトや機械、または講師は実はあまり関係ないと思います。
普段やっていたことを出来る範囲で、自重だけでやってみましょう。
おもりが無ければ反復回数は増えますが、思ったよりしっかりとした運動になります。

これには実は理由があります。

筋トレマシンで筋トレを行っている場合よりも、自分でその動きを思い出して似たような動きを再現しようとすると、より強く、その筋肉自体を意識することになります。
筋トレは鍛えている筋肉を意識しているのと、意識していないのとでは効率が約3倍違うと言われています。
マシンがない分、自分で自分の筋肉を動かそうとするために、重量が無くても思った以上のトレーニングが出来ると思います。

多人数でプレーする競技などが出来なくなった人

アップとダウンを3倍くらいやりましょう。
これらは一人でも出来ることです。
何なら普段はかなり手を抜いてアップとダウンをしていませんか?
もしくは、していない人もいるかもしれません。

この機会ですので、今一度入念にアップとダウンをしっかりやってみましょう。

忘れている方は動画など見ておさらいするのも良い手です。

場所は公園なりなんなり、人に迷惑が掛からに場所であればどこでも良いでしょう。
今は多人数で集まるのは非常に難しいので、それに関してはあきらめるしかありません。

これらで解決できない方

リラクゼーション整体院Adjust免t【アジャストメント】が天神の大名にて、しっかりとした施術と共に的確なアドバイスをさせて頂きます。

ご来店お待ちしております!

TEL&reservation
※「WEBサイトを見た」とお伝えください。
Mail

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文