お仕事がデスクワークの方に多く見られるのが、眼精疲労です。

PC画面をずっと見続けていると目が疲れます。

加えて集中が続くと目が開きっ放しになることも多くドライアイにもなりやすいですね。

しかし、ここ最近ではデスクワークでなくても、もっと言うと仕事をまだしていない未成年や学生の方でも眼精疲労を訴える人が多くなりました。

原因は明白で、スマートフォンの普及がそのまま眼精疲労患者の増大につながっています。

スマートフォンを持っていても、それで何をしていいか分からないからあまり使わない!と言う方もちょっと前までは多かったのですが、今ではYoutubeだったりの動画配信サイトや有料で視聴できるネット多く見られるのが、眼精疲労です。

PC画面をずっと見続けていると目が疲れます。

加えて集中が続くと目が開きっ放しになることも多くドライアイにもなりやすいですね。

しかし、ここ最近ではデスクワークでなくても、もっと言うと仕事をまだしていない未成年や学生の方でも眼精疲労を訴える人が多くなりました。

原因は明白で、スマートフォンの普及がそのまま眼精疲労患者の増大につながっています。

スマートフォンを持っていても、それで何をしていいか分からないからあまり使わない!と言う方もちょっと前までは多かったのですが、今ではYoutubeだったりの動画配信サイトや有料で視聴できるネットストリーミング配信も増えてきたことで、目と画面がテレビより近い距離で接することが非常に多いです。

しかし、目が疲れる、頭が痛くなると言うのを分かっていても見続けてしまうのが、これらコンテンツの魅力であり強さであるので、どうにかそれらを視聴、または凝視し続えても目に入ってくる負荷を減らす対策をしたいところです。

この対策にかなり有効と言えるのが、画面の明るさ設定です。

スマートフォンはかなり簡単に設定が出来ると思います。

暗い部屋ではなるべく画面の明るさを暗くして、目に入ってくる負荷を減らしましょう。

次に、考えれば普通に出来そうなことなのに多くの方が設定していないのが、PC画面の明るさ設定です。

もし気になったら一度設定の仕方を調べて、明るさを落としてみてください。

今までがいかに、無駄に明るかったかがわかるんじゃないかと思います。

ブルーライトカットのメガネだったり、画面そのものに張るシートだったりもあるのですが、単純に明るさを設定するのが一番コストがかからないですし、時間もかかりませんのでお勧めです。

眼精疲労を訴えるお客さんのほとんどが、頭や首の痛さを同時に訴えるのですが、目の疲れが溜まる箇所が存在し、その周囲が硬くなれば頭痛に発展することも非常に多いです。

パソコン作業だったりが多いのは半ば仕方ないことでしょう、仕事環境を変えるのはとても難しいので、その作業にかかっている負荷自体を減らす対策をしましょう。

もしそれでも頭や肩、首、背中、肩甲骨周囲だったりがキツイ、張ってる、重い、凝ってる、硬いなど気になるのであれば、福岡の天神、大名でリラクゼーション整体院Adjust免t【アジャストメント】がお待ちしております。

ヘッドマッサージのみでも最短10分、最長60分で受けられますので、気軽にご連絡、ご予約いただければと思います。

TEL&reservation
※「WEBサイトを見た」とお伝えください。
Mail

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文