福岡の天神、大名で個人整体を行っております。
リラクゼーション整体院Adjust免t【アジャストメント】です。

6月になって梅雨時期になり、暑さもそのままに湿度だけは上がり続ける季節になりました。
雨が降っていると、風向きによっては窓も開けられないこともあると思います。
そうなると活躍するのがエアコンですね。
2020年の今年は6月でも真夏日を超える日が既に観測されているように、非常に暑いです。
エアコンはずっと付けていれば、冷房病(クーラー病)にかかります。

冷房病とは?

本来ヒトが持っている、季節や気候に対する調整が上手く働かないときに身体に現れる様々な症状のことを言います。
末端の冷え、腰の冷え、肩凝り、頭痛、神経痛、怠さ、食欲減衰、下痢、不眠、攣りなどその他にも多くの症状が見られます。
原因としては冷えに対しての抵抗力が落ちてしまうことです。
夏など、暑い季節になるとヒトの身体は発熱を抑え、放熱しやすいように毛細血管を拡げることで汗をかいて、体温を下げやすくする機能を持っています。
しかし冷房が効いていると涼しい、または寒い環境であるにもかかわらず、暑い環境に適した身体の機能のせいで逆に寒さに弱くなってしまいます。
そうして涼しい環境に身を置いていると次第に寒い環境に適切な、身体の機能に変化しようとしますが、また外出等で暑い環境に戻ると同じ事が身体の中で起こってしまいます。
これが自律神経のバランスをぐちゃぐちゃにしてしまう原因です。
これを冷房病、またはクーラー病と言います。

そうは言っても、夜は熱いと眠れないし、外でエアコンは効いてないし、会社では自由にエアコンを調節できないし、エアコンの風が直接当たる席にいて寒いし・・・等々多くの不満というか愚痴を聞きます。

そんな時に冷房病を少しでも抑える、予防策を教えましょう。

冷えに関していえば、エアコンの温度は極力下げ過ぎないようにしましょう。
風向きは上が良いですね。
室温は27度くらいでもいいと思います、風力も下げましょう。
ただし部屋はあまり広くない方が良いですね。
広いと部屋を涼しくするのに時間がかかりますので、出来る限りドアなどは閉めましょう。
電気、照明は極力落とすと冷却効果が上がります。

次に、冷えすぎた身体に関しては末端を刺激するのが良いでしょう。
寝る前に足湯をして、足の裏や足の甲をマッサージして上げると、寝ているときに脚が攣ったりすることを抑えられます。
脚などが攣ってしまう場合には、寝る前にスポーツドリンク等を飲むのがおススメです。
粉末状のポカリスウェットなどを薄めに作って常温で飲むと、水分とミネラルを補給できるので良いと思います。
薄く作るのは、本来スポーツドリンクが運動をしている人たち向けに作られているからです。
運動を行ったり、今日はすごく汗をかいてしまった、等と言う方は薄めに作る必要はありませんが、別にそんなことは無いのであればスポーツドリンクはちょっと濃すぎますね。
過ぎたるは及ばざるが如しです。
適量を今日1日のご自身を振り返って見極めましょう。

逆に暑すぎる、という方は足首から下を水道水などで洗ってみると良いでしょう。
石鹸など使って足首から下だけ洗うと、思ったよりずっとスッキリして気持ちがいいですよ。
末端に集まる熱い血液を冷やすと、身体の中心から熱い血液が末端に送られます。
つまり、身体の中心温度を下げることが出来ます。
更に末端がその後心地よく温まってくると、冬にコタツに入った時に眠くなってくる現象が身体の中で起こります。
つまりは入眠しやすい状態、副交感神経が優位になってリラックス状態に入ります。
私も暑がりな方なので、よくやります。
エアコンを付けない、又は温度を下げ過ぎない対策になるのでおすすめですね。

足をマッサージする際には、手間でなければ滑りやすくすることをお勧めします。
あればマッサージオイルやクリーム等を使うのが良いでしょう。
なければお風呂で石鹸などを使う手もありますが、肌が弱い人はボディソープで荒れてしまうという人もいますので注意が必要です。
オイルやクリームも肌がかぶれないものを選びましょう。
強くやり過ぎるといわゆる、「揉み返し」が来てしまうので、やり過ぎには注意しましょう。

でも、どれくらいの強さでやればいいのか分からない・・・
というのであれば私などが教えますので是非ご来店下さい^^

簡単なマッサージであれば手ほどきできると思いますので、遠慮なく頼ってもらえれば嬉しいです。

福岡の天神、大名で個人整体を行っております。
リラクゼーション整体院Adjust免t【アジャストメント】でした。

TEL&reservation
※「WEBサイトを見た」とお伝えください。
Mail

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文