福岡市中央区大名という天神で整体店をやっています。
リラクゼーション整体院Adjust免tです!

柔軟性の必要性

腹筋ローラー 初体験

先日従兄の家に行ったときに、僕の人生で初めて体験したのですが、腹筋ローラーをさせてもらいました。
従兄が酔ったノリでさせてきたのですが、学生時代ならまだしも今の様に運動不足である状態ではきっとできないだろう、いや絶対無理だろうと思っていましたので、まずは膝をついてやってみたところ案外出来ました。
1、2回かそこらくらいしかしてないのですが、それでも結構きつくて、2日経って未だに腹筋の下の方に筋肉痛の様な痛みが残っています。

それで試しにと、膝を離してつま先で支えて本来の形?ですかね、やってみたのですが腰をやりそうになりました・・・
ちょっと痛みあります

まずいと思ってそのまま力抜いてバタリと倒れて力を分散したのですが、やはり突然の運動は良くありませんね。

腹筋ローラーもそうですが、トレーニング器具と言うのは基本的に運動補助、慣れた人には高負荷をかけるための器具になると思います。
本格的にやる人以外の多くが、「器具を買えば強制力からきっとやるだろう」と思って、買った以上はやらなきゃならないと自分に追い込みをかけているんじゃないかと思います。
ここに大きな罠があって、それこそ上の方で僕が書いた体験談がそのままになっています。

つまりは、面倒がっている人は運動前にしっかり準備運動をしないと言うことです。
これはトレーニング器具を利用するかしないかはあまり関係ない話です。

ジム通いしていて、うちの様な整体店に来られるお客様のほとんどは、準備運動はしっかり出来ていないし、整理運動も十分とは言えないとおっしゃいます。

何のためにやるのか?

ここで、本来の目的は一体何だったのかを思い出して欲しいのですが、シェイプアップやダイエット目的以外の人は、大体ご自分の健康の為にやっているんじゃないかと思います。
それで身体を壊していては元も子もないのです。
運動を始める前より、運動を始めてから怪我だったりで逆に動けなくなってはいけませんね。

僕はどちらかと言うと、筋力を上げるよりも柔軟性を手に入れる方が重要だと思っている人間ですが、筋トレを否定するわけでは全くありません、どちらかと言うと推奨しています。
しかしそれ以上に大事なのが自分の身体を柔らかくする事です。

どこを柔らかくすればいいのか?

どこ?と問われるのなら無理くり答えるともう、股関節でいいです。
股関節だけでいいので柔らかくしましょう。
他の部分も勿論柔らかくあって欲しいですけど、身体の中でここだけはって限定されるのでしたら股関節です。
股関節が十分に柔らかくなると、身体のあらゆる問題が解決に向かいます。

出来る事なら高負荷の運動をするのならまず、身体を柔らかくしてほしいです。
時間もないし、面倒であると言うのであれば同時並行でやってほしいですね。

股関節のストレッチのやり方

ではここで、股関節のストレッチをどのように行えば良いかを書きましょう。
まずは開脚。
最近はYouTube全盛の時代ですので、動画でも見ながらで構いません。
ギリギリ痛くない角度まで開脚しましょう。
姿勢は座っているのが楽です。
腰は出来れば後ろに壁などあれば楽でしょう。
背もたれに背中を預けながらがいいと思います。
脚は両方一緒に広げましょう。
反動は一切必要ありません、出来る限り脱力して、開いたままにしておくだけで十分です。
太ももだったりに力が入る人もいると思うのですが、そういう方は足を開いたまま自分の手で膝付近を掴んで優しく揺らしましょう、つま先が左右に揺れる方向です。
これによって無駄に入っている力が抜けやすくなります。
開いていると段々とストレッチの辛さが弱まってくると思うので、時間的、体力的にも無理なければ「痛くない範囲で」もう少し広げてみましょう。

これだけです。
もちろん、一回で完全な柔軟性を手に入れることは出来ません。
継続がモノを言います。
ストレッチを行うタイミングで最適だと考えられているのがお風呂上り30分以内です。
身体が温まっている状態で筋肉を伸ばすのが効率的で、怪我のリスクも下がります。
長時間、テレビや動画を見る機会が多いのではないかと思います。
そういう時にダラダラと開脚してみてください。
股関節はこれを続けるだけで思っている以上に柔らかくなりますよ!

ストレッチをする際の注意点

注意点としては無理をしないこと、挑戦をしないこと、焦らないことです。
じわじわ出構いません。
速さは全く必要ありませんので、少しずつ、ゆっくりゆっくりと広げられる角度を大きくしていきましょう。

内側が柔らかくなると、そのまま裏側も大分柔らかくなっていると思います。
ストレッチの習慣が付いてくると前屈も無理なく出来るようになっていると思いますので、こちらも焦らずにゆっくりと伸ばしていきましょう。
前屈は基本的にやり方はどうでもいいです。
ご自分のやりやすいようにしてください。
注意点としては膝が曲がってはいけないこと、背筋が曲がってしまってはいけないことの2点です。

是非ストレッチで柔らかい身体を手に入れましょう!
以上Adjust免tでした。

福岡市中央区大名で整体店をやっていますので、天神などに御用のあるかたは是非一度、ご来店おまちしております!

TEL&reservation
※「WEBサイトを見た」とお伝えください。
Mail

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

メッセージ本文